決算書を有効活用するソリューションをご提供します

入力システムの勘定科目に合わせてデータ登録

TOP > 課題解決・導入事例 > 入力システムの勘定科目に合わせてデータ登録

商社様の事例

お客様の課題

  • 担当者によって、決算書の入力科目がバラツキがあった。
  • 自社作成の取引先管理用のエクセルへ決算書を入力しているが、この入力時間を短くしたい。
矢印

エクセルなどの他システムと連携可能な

「財務PDF変換ツール」をご提案

  • 2大調査会社のレポートにある決算書をテキスト出力
  • 勘定科目の集約マスター機能によって入力科目を統一
  • 大量な調査レポートをフォルダ指定で一括変換処理
「アラーム管理システム」を提案

導入効果イメージ

運用イメージ図
勘定科目の集約イメージ図

導入効果

  • 勘定科目の集約マスター機能によって定義付られた科目へ、自動的にデータが振り分けられるので、決算書の入力に迷うということがなくなった。
  • 担当者の違いによる入力科目の差異がなくなって、精緻なデータ登録ができるようになった。
  • 自社作成の取引先管理用エクセルシートへ連携することによって、入力が効率化された。
  • 1つずつの調査レポートの変換ではなく、フォルダに入っている調査レポートを全て変換する機能によって、業務効率が飛躍的にあがった。

製品・サービスに進む                          財務PDF変換ツールに進む

 

 

決算書分析のアロックスTOPに戻る

 

 

お気軽に
お問い合わせください
03-3518-2626
9:00~18:00(土・日・祝日除く)